背景色の変更
  • 標準
  • 黄
  • 青
  • 黒
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

群馬県の感染症情報

体力を消耗しないように

 日本列島では大水害が発生し、各地で避難している人が多く、被害も大きく、かなり長期化しそうで、肉体的にも精神的にも大きな負担がかかっている状態だと思います。感染症に非常にかかりやすい状態になっていると思います。
 桐生地区では手足口病がやや増えてきているようですが、流行とまでは言えない状況。暑い日が続いており、今後も注意が必要です。
 溶連菌感染症も散発的ですが依然として発症しています。手洗い、うがいなどをしっかりと。
 また、夏になると多くみられるヘルパンギーナが少しずつみられるようになってきました。本格的に暑い日(猛暑日)が続くようなので、規則的に正しい生活をし、食生活にも気配りをし、体力を消耗しないようにしてください。
(17日、桐生市医師会)

集計日:7月18日

サーベイランス-1
6月26日 7月3日 7月10日 7月18日
インフルエンザ 0 0 0
RSウイルス感染症 12 15 8 9
咽頭結膜熱 46 39 28 15
溶連菌性咽頭炎 168 134 131 113
感染性胃腸炎 312 345 285 303
水痘 16 12 13 3
手足口病 149 192 176 264
伝染性紅斑 4 11 5 6
突発性発疹 27 35 30 25
百日ぜき 1 1 2 1
サーベイランス-2
6月26日 7月3日 7月10日 7月18日
ヘルパンギーナ 23 50 64 93
流行性耳下腺炎 8 8 13 5
急性出血性結膜炎 0 0 0 2
流行性角結膜炎 7 5 14 13
細菌性髄膜炎 0 0 0 0
無菌性髄膜炎 1 1 0 1
マイコプラズマ肺炎 0 0 0 2
クラミジア肺炎 0 0 0 0
風疹 0 0 0 0
麻疹 0 0 0 0

このページの先頭へ