背景色の変更
  • 標準
  • 黄
  • 青
  • 黒
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

群馬県の感染症情報

新学期へリセットを

 連日残暑の厳しい日が続き、また、熱帯夜のため睡眠不足が続き、夏バテ気味の人が多いことと思われます。 そのため体力・抵抗力も低下している状態となっているため、感染症に注意してください。
 県内でとくに流行している感染症はなく、手足口病・ヘルパンギーナもピークを過ぎたと思われます。 しかし今週の感染症報告はお盆で休診の医療機関が多いため、参考値と思われます。
 お祭りや旅行など、楽しい夏休みも少なくなり、1週間で新学期がスタート、集団生活が始まります。 規則的な生活に戻し、体力を回復し、新学期を迎えてください。
(19日、桐生市医師会)

集計日:

サーベイランス-1
7月23日 7月29日 8月5日
インフルエンザ 3 6 2
RSウイルス感染症 22 51 88
咽頭結膜熱 11 12 17
溶連菌性咽頭炎 63 60 66
感染性胃腸炎 163 169 171
水痘 3 12 16
手足口病 937 955 512
伝染性紅斑 60 33 28
突発性発疹 23 32 27
百日ぜき 8 6 5
サーベイランス-2
7月23日 7月29日 8月5日
ヘルパンギーナ 270 205 160
流行性耳下腺炎 3 10 3
急性出血性結膜炎 0 3 2
流行性角結膜炎 6 10 19
細菌性髄膜炎 0 0 1
無菌性髄膜炎 0 0 0
マイコプラズマ肺炎 2 2 6
クラミジア肺炎 0 0 0
風疹 0 1 0
麻疹 0 0 0

このページの先頭へ