背景色の変更
  • 標準
  • 黄
  • 青
  • 黒
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

群馬県の感染症情報

インフルエンザ流行始まる

 いよいよ桐生地区でもインフルエンザの流行が始まったようです。 流行開始の基準値(定点医療機関当たり1人)は2、3週間前から増えていましたが、それが警報値(同3人)を超えてきました。
 学級閉鎖などあまり報道されてはいませんが、あちらこちらの保育園、幼稚園、学校などでインフルエンザの子どもが増えている状態で、今年も残り少なくなりましたが、せき、発熱、全身倦怠感などの症状がみられたら早めに受診してください。
 簡易検査は、1日くらい過ぎないと陽性反応を検出しにくかったのですが、今は早期に検出でき、治療を早く始められるようになりました。 規則的な日常生活を続け、自己管理をしっかりしましょう。
 一部の地域では感染性胃腸炎で下痢、嘔吐の症状などがみられるようなので、食生活も注意してください。
(9日、桐生市医師会)

集計日:

サーベイランス-1
11月19日 11月25日 12月2日
インフルエンザ 79 109 196
RSウイルス感染症 28 28 23
咽頭結膜熱 29 17 19
溶連菌性咽頭炎 123 103 142
感染性胃腸炎 401 407 485
水痘 6 17 28
手足口病 47 38 39
伝染性紅斑 22 21 32
突発性発疹 30 15 19
百日ぜき 5 6 5
サーベイランス-2
11月19日 11月25日 12月2日
ヘルパンギーナ 9 8 5
流行性耳下腺炎 5 6 6
急性出血性結膜炎 0 0 0
流行性角結膜炎 7 5 7
細菌性髄膜炎 0 0 1
無菌性髄膜炎 0 0 0
マイコプラズマ肺炎 12 9 6
クラミジア肺炎 0 0 0
風疹 0 0 0
麻疹 0 0 0

このページの先頭へ