背景色の変更
  • 標準
  • 黄
  • 青
  • 黒
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

群馬県の感染症情報

風疹の感染拡大に注意を

9月も中旬に入り秋の気配が感じられるようになりました。最大行事の運動会も開催されています。

夏の感染症である手足口病・ヘルパンギーナは落ち着く方向に向いているようです。しかし、この数年、冬の感染症であるRSウイルス感染症が増えていて早まっています。今後注意が必要と思われます。また、腸管出血性大腸菌感染症は多くの報告が続いています。食肉など食材の十分な加熱、調理器具の洗浄・消毒を徹底し、予防を心がけてください。

風疹患者の報告が高崎・館林からあり、感染拡大が心配されます。県でも注意喚起しています。風疹予防接種を希望する場合、桐生市・みどり市では風疹予防接種用助成が受けられます。かかりつけ医に相談してください。

過ごしやすい季節となり、感染症も落ち着いてくると思われますので、早めに予防接種を受けるようにしてください。

(17日、桐生市医師会)

集計日:9月11日

サーベイランス-1
8月21日 8月28日 9月4日 9月11日
インフルエンザ 0 0 1 0
RSウイルス感染症 22 31 77 107
咽頭結膜熱 14 13 12 24
溶連菌性咽頭炎 37 70 44 57
感染性胃腸炎 78 144 221 204
水痘 3 9 2 12
手足口病 57 58 76 45
伝染性紅斑 0 6 9 9
突発性発疹 19 22 23 32
百日ぜき 0 0 0 0
サーベイランス-2
8月21日 8月28日 9月4日 9月11日
ヘルパンギーナ 110 141 152 217
流行性耳下腺炎 4 12 7 9
急性出血性結膜炎 0 0 0 1
流行性角結膜炎 12 17 18 13
細菌性髄膜炎 0 0 0 0
無菌性髄膜炎 0 0 1 0
マイコプラズマ肺炎 2 4 3 1
クラミジア肺炎 0 0 0 0
風疹 0 0 0 1
麻疹 0 0 0 0

このページの先頭へ